【WindowsUpdate】Windows 10、バージョン 1803 の機能更新プログラム【OpenCL.dllが見つからない】

OpenCL.dllが見つからないため、コードの実行を続行できません。

Windows 10、バージョン 1803 の機能更新プログラム更新後、ソフトウェアを起動すると、

以上のようなエラーがでて、プログラムを起動できないことは有りませんか?

再インストールしても再発しますし、そもそもインストールするソフトでなくても発生します。

どうやって、解消したかを説明します。

検索したら意外に難しい操作が多い

もちろん自身で検索しましたが、意外に難しい操作が多いです。

  • レジストリを書き換える
  • 管理者権限でコマンドプロンプトを使う
  • CUIで操作する 等

もっと簡単にできないのかと思いまして、私は以下の操作で治りましたので、試してみるものいいと思います(自己責任:これだけで解決するかは環境によって異なるかもしれません)

操作方法

  1. OpenCL.DLLファイルを手に入れる
  2. CドライブのWindows→System32フォルダにコピーする

以上です!

スポンサードサーチ

OpenCL.DLLファイルを手に入れる

OpenCL.DLLを見つけて手に入れるのが結構難しいです。

なぜかというと、悪意をもったDLLファイルはPCウィルス等、被害をもたらされることが多いからです。

安全な方法としては、他のWindowsPCからコピーすることですが、OpenCL.DLL自体が見つからないということもあります。

私が使用したOpenCL.DLLは、投稿日現在こちらの解説サイトのファイルを利用させていただきました。

CドライブのWindows→System32フォルダにコピーする

OpenCLファイルをSystem32フォルダに移動させます。

以上で終了です。

エラーが出たプログラムを起動してみてください。

SFC /scannow を利用して修復する

管理者権限でPowerShellかコマンドプロンプトを起動します。

そこに

と入力して実行してみましょう。これで修復される可能性もあります。

最後に

あくまで、私が改善した方法なので、その他の原因も考えられます。Windowsのオフィシャルサイトでもこの現象は報告されており確認してみるといいかと思います。

その他、何か質問等ありましたら、お問い合わせやTwitterで連絡いただければ幸いです。