マイニングが途中で勝手に止まってる時やること2

仕事中に勝手に落ちてる、再設定の頻度が高くて大変。そんな時

前回は、落ちないためのWindowsの対応策をいくつか述べましたが、具体的なトラブルシューティング例に今回は移りたいと思います。

  • 気が付いたら再起動している
  • 画面が固まって操作できなくなっている
  • 画面がモザイクのようにバグっている
  • 操作はできるが単純にマイナーソフトが落ちている 等

前回はこのような問題が残っていました。

気が付いたら再起動している

特にwindowsでよくあります。再起動しているので原因もわからないままという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうしたら、まずなんで落ちたのかを確認したいともいます(期待薄)

コントロールパネルを開きます。

Windows10の最近のアップデートで完全に裏方になってしまいましたね…

次に、システムとセキュリティー→セキュリティとメンテナンスに進みます。

次に、メンテナンス欄を選択すると下に新たな内容が出てきます。

そこの、「信憑性履歴の表示」を選択します。

そうすると、最近のシャットダウンのログやWidowsUpdateの履歴などが出てきます。

私の経験からは

  • 7割 WindowsUpdateが生じた際に再起動、強制終了がかかる
  • 1割 GPUのカーネルエラー (特にAMD Vega)
  • 2割 その他

以上のような印象でしたのでWindowsUpdate時にGPUのドライバを触るときに落ちることが多いと思うんですよね。

なので前回のWindowsUpdateを抑制したのは上記のような再起動を防ぐ役割があったわけです。

画面が固まって操作できなくなっている

これは、

  • 複数のマイナーソフトで同じGPUに同時に負荷をかける
  • 負荷のかかるゲームをやりながら、マイニングをする
  • マイニングの設定(マイナソフト側、パワーレベルの設定等)
  • 画面出力しているGPUでマイニングする(相性や状況によります、画面出力は、intelの内臓グラフィックスや安いGPUで専任で出力させたほうが安心です。) 等

以上のようなシーンで発生することが多いと思います。

また類似するシーンとしては、起動してるはずなのにリモートソフトで接続できないなど厄介な場合も含まれます。

解決方法としては、

マイニング時は他にタスクがないことを確認してから実行したいところです。人為的に起こることが多いので未然に防ぐことができると思います。

例えば、リモートでこれをやってしまうと、再起動もかからないでずっと中途半端に起動してリモートもできないという状況になってしまうのでご注意ください。

スポンサードサーチ

画面がモザイクのようにバグっている

これは、疑うべきは画面出力用のGPUに何かしら負荷がかかったと考えられます。

解決方法

同じ環境でるときでないときもあるので何とも言えないのですが、

画面出力用のGPUは内臓グラフィックスか専用のGPUで行うことで解消する可能性があるので試してみて下さい。

操作はできるが単純にマイナーソフトが落ちている

マイナーソフトにより挙動が違うので、どういった条件がそろい落ちたか調べるのは難しいと思います。

解決方法

ないかしら、負荷がかかって落ちてる場合は、たまたまいろんな条件が重なって落ちる場合があると思います。

まずは落ちる頻度を確認したいところです。毎日12時に落ちるとか、毎月2回くらいとかそれに応じて、仕方ないとするのかウォッチソフトで監視して

落ちたらソフトの再起動をかけるのかなど対策をするといいと思いまうs。

最終的にはウォッチドッグ(番犬)に任せる

ファームを持っている人などは、基本的にハードウェア的なウォッチドッグを利用しています。、

上記のものは一例ですが、常時マイニング機の通信状態を確認し、不具合が生じたとき再起動を物理的におこないます。

再起動後はリモートソフトやマイナーソフトの起動までをスタートアップで任せておけば再度自動的にスタートできます。

気を付けたい点

ウィッチドッグを利用したりして不具合が生じたら再起動として置く場合、常用的に不具合がある場合、再起動を繰り返すことになります。

再起動を繰り返すということは、各部品へ負荷が断続的にかかり故障のリスクが高まりますのですぐに対応できる環境が必要です。

まとめ

それぞれの症状に応じて怪しむ場所があるのですが、基本的には対応療法というよりは、根本的に解決することが大事です。

現象そのものを減らして手がかからないマイニング環境を構築しましょう。