ゼロからマイニング、もっと収益性や安定性を高めるためには

マイニングの24時間運用について

これまでの内容で、お試し24時間運用できるようになりました。

しかし、マイニングは自作パソコンのエンドコンテンツと言われているほど奥が深いです。

そこで、入門が終わったら、次に何を共通で考えるべきか、どんなスタンスでマイニングをするかに分けて最終回としたいと思います。

共通で考えていくこと

  • パソコン1台あたりの収益を増やしていく。 (2台以上のGPUで構成していく)
  • GPU1台あたりの効率を高めていく。
  • 遠隔でマイニングの状態を確認・操作できる方法を考える。
  • 部屋のエアフローなど、熱対策、夏対策を考える。
  • 電気会社をマイニングに適した会社に変更する。
  • ASIC(エーシック)の導入を考えてみる。
  • OSを変更するか考える。
  • 常に情報収集をかかさず、必要に応じて動ける準備をしておく。
  • 税金への対策と準備
  • 他のマイニング方法(POS,POC)マスターノードの運用も考えてみる。
  • 出口対策を考えておく。

スタイル別マイニング環境の構築

  • 時間がないけど、マイニングしたい!おまかせスタイル。
  • 掘る通貨は俺が決めるスタイル。
  • 時間も欲しいし、収益性ももちろん高めたい!贅沢スタイル。

上記のように、人によって使える時間や環境は違うと思います。環境によってどのようなスタイルがいいのか、簡単にまとめてみました。

スポンサードサーチ

時間がないけど、マイニングしたい!おまかせスタイル

メインの仕事は忙しい、マイニングをして副収入を得たい!でも時間がない人向け。

マイニングできる台数を増強し、すべてNiceHashに任せてします。

メリット

  • とにかく、入門で行ったことの規模を大きくして行うだけで簡単。
  • 起動したら細かな設定不要で動作する。
  • 自動的に稼げるアルゴリズムを選択してくれる
  • ダッシュボードで日々の売り上げや想定日、週、月売り上げなどが確認でき、スマホアプリもある。
  • 最低限のメンテナンスで済む

デメリット

  • 一攫千金は狙えない
  • NiceHashの手数料が高い
  • 同時に、その環境で最も収益が見込めるであろう状態の2,3番手になってしまう。
  • 投稿日現在NiceHashはWindows版しかなく、WindowsUpdateなどで自動で再起動などかけられたり不安定になったり、停止している場合がある。

こちらのスタンスの方は、マイニングNiceHash編にて記事を書いていく予定です。

掘る通貨は俺が決めるスタイル

時間はある、主婦(主夫)だ自宅警備員だ、もともとデイトレーダーだ!何しろ、パソコンが得意だ!という方向けです。

マイニングの環境を徹底的に詰めて、最大効率で掘る。もしくは夢を求めて草コインを掘るなど自分で掘るコインを決めていきます。

メリット

  • 自分の目で確認しながら、状況的に最適なマイニングができる。
  • 時には、草コインを掘って値上がりを期待したりすることもできる。
  • マスターノードやPOS対応のコインを掘って、将来的にマスターノード、POSとして運用できる。
  • WindowsではなくLinux系を利用することによって、メンテナンス性を高められる。
  • 手数料を抑えることができる。

デメリット

  • 状況変化があった場合、掘る目標を変更や設定したりなどやることが多い。
  • 複数のマイニング機を操作する場合、操作を簡潔にする手段がないと大変。
  • 草コインなど、突然ゴミ価格になって大損することもある。
  • 草コインなど、価格の上下がビットコイン以上に激しいので取引も緊張する。
  • 掘るコインの数だけ、ウォレットを用意しトレードする取引所の登録が必要となる。
  • 上記のためセキュリティを高める必要がある。
  • GPUのファームレベルでのソフト変更などをするため、操作時の故障リスクや、そのままで売却できるかなどの不安要素がでる。

こちらのスタンスは、ガチでファーム(マイニング機を複数台、専用の部屋や家屋で運用する)を作る、1日数万稼いでほんと働かなくていいくらい稼ぎたい。時間をすべてそこに注ぎたい。みたいな人向けですね。

こちらのガチ設定(私の経験の中でw)も追って記事にしていきたいと思います。

時間も欲しいし、収益性ももちろん高めたい!贅沢スタイル。

上の、どっちの良いところもやりたいという人向けです。

私は、どちらかというと、このスタイルです。

手段としては、まずは2番目の「掘る通貨は俺が決めるスタイル」を構築し、疲れてきたらNiceHashに任せることもできるし、その他のマルチプールやプロフィット機能といった自動で最適な通貨を掘ってくれるシステムにいつでも移行できるようにしておくという方法です。

メリット

  • 「やるときは、ガッツリ調べて掘る、疲れた時は、放置しとく」ができる。
  • 1,2番目のメリットをどちらも得られる。

デメリット

  • 初期設定や準備に時間がかかる。
  • Windowsを利用してない場合、nicehashのアプリは利用できないので、他のマルチプールやプロフィット機能を利用する必要がある。
  • 上記の場合、windowsだとlinux系の恩恵であるメンテナンス性が得られない。
  • もちろん1,2番目のデメリットがどちらもリスクとして伴う。

必用にwindows,linuxって書いてありますが。windowsUpdateによるマイニング機の弊害ってとてつもなく大きいんですよ。Updateを極力止める方法もありますが、この辺は追って記事にしようと思います。

この贅沢スタイルが最終段階かとはおもいます、1,2番目を実現してどちらもできる環境と知識を身に着けたら、マイニングで利益を得ながら、ブログ書いたりのんびりしたりできるかと思います。

入門編最後に

いかがでしたでしょうか?

言葉足らずなところも多かったと思いますが、ほんとにゼロから始める人を意識して書いたつもりです。

知識として補填が必要な部分がまだまだあるかと思いますが、最終回をご覧になってまだまだ奥深さと知識の必要性を知っていただければと思いました。

ではまた、初級編でお会いできればと思います。ここまでご覧いただきありがとうございました。