ゼロからマイニング、故障リスクを少しでも減らそう。

前回マイニングを24時間運転させなかった理由

前回マイニングまでできましたが、24時間運用には実はステップがまだあります。理由としては

  • 電力効率がわるく、余計な電力を使ってる可能性がある
  • 余計な電力をつかって高温になるぶん、部品の消耗が早くなる可能性がある
  • 余計な電力を使う分、電気代が高く収益を圧迫させる

今回は特にPCの設定によって上記を簡単に調整していければと思います。

また、最初にワットチェッカーで電力をモニターすることを推奨しますが、この記事の最後に簡単に紹介していますので先に導入しておくといいです。

個人的な推奨

AfterBunnerはnvidiaやAMDなどのビデオカードに対応していますが、個人的には、nvidiaのビデオカードに利用しています。

AMDのRadeon系は別の管理ソフトもありますので、また別の機会に記事にできればと思います。

MSI AfterBunnerのダウンロードとインストール

Windowsを前提に記載しますが、下記のホームページに行き、ファイルをダウンロードします。

URL:https://www.msi.com/page/afterburner

少しわかりずらいですが、少ししたに、ダウンロードのタブがあるので選択します。

そして、MSI Afterbunnerをダウンロードします。

次に、ダウンロードしたものを実行してインストールします。

管理者権限を求められるので「はい」で許可します。

日本語を選択し、流れに沿ってすすめます。

RiveTunerは、必要であればインストールしてください。どちらでも大丈夫かと思います。

 

以上でインストールがおわります。

インストール時少し時間がかかるかと思いますが、気長に待ってあげてください。

Afterbunner(アフターバーナー)の設定を行う。

AfterBunnerを起動すると以下のような画面がでてきます。

(スキンがいろいろあるので、デザインが異なる場合もあります。)

簡単なパラメータの設定として

  • Core Voltage(mv)  … いじりません
  • Power Limit … 初期設定ではTemp Limitを変化させると連動して変化します
  • Temp Limit … 65~75%
  • Core Clock … いじりません
  • Memory Clock … いじりません
  • Fan Speed … 右の温度が80度を超えるようなら 「Autoを外して」「75%」くらいにしてみましょう。

設定がおったら、中央のチェックボタンを押して反映させます。(わすれがち)

また、再起動時に設定がリセットされている場合があります。右下のプロファイルに保存しておくこともありです。

そして、左下のStartupボタンを押しておくと、起動時に自動で立ち上がってくれますが、立ち上がらないこともありますので毎回確認しましょう。

設定

nvidiaの1060~1080tiシリーズでは、TempLimit65~75くらいでまぁまぁ良い値がでます。

初めて間もない入門用としての設定ですので、突っ込みどころはありますが、とりあえず上記でも大丈夫かと思います。

自己責任

設定を詰めることは、マイニングにとって生命線です。突然動かなくなったり、不安定になったり、Webで記載されている最適とうたわれている設定でうまく動かなかったりしょっちゅうです。

特にここでは、Core , Memory Clockを操作していません。操作してクロックを上げた場合、それはオーバークロック(OC)となり、パソコン本体やパーツの保証対象外になる可能性があるからです。

また、マイニング行為自体保証対象外等している場合もあります。自己責任にて操作をお願いします。

設定がおわったら、NiceHashを立ち上げてマイニングを開始してみましょう。

初めのうちは、マイニングを始める際は、AfterBunnerの起動を確認して、マイニングソフトを起動しましょう。またマイニング中のAfterBunnerの設定変更は極力やめておきましょう。

スポンサードサーチ

電力の測定

すでに、マイニングの準備は整っているかと思いますが。事前に余裕があるなら、マイニング機の電力をワットチェッカーで測れるようにしておきましょう。

私は下記のような、安い物をつかっていますが、十分かと思います。

パソコンの電源とコンセントやOAタップの間に挟み利用します。緑のボタンを何回か押し、「消費電力」にしておくと現在のワット数がモニターできます。

まとめ

  • AfterBunnerのダウンロードとインストール
  • AfterBunnerの設定
  • マイニングの簡単なリスク説明
  • ワットチェッカーの導入

以上を行いました。この時点でとりあえずは、24時間運用するのに及第点かなとおもいます。

Nicehashが自動的に最適な通貨をえらび、マイニングしBitcoinとして報酬をもらえるわけです。

一日100円でも、月3000円となり、最初はMMOゲームの月額費用、携帯料金そういったものを相殺できるよう目標を持つことも大事です。

次回の最終回は、入門がおわって、これから考えること述べていこうと思います。

次回

ゼロからマイニング、もっと収益性や安定性を高めるためには

2018.05.01