【シンプル】マイニングシステムの作り方2018年5月版その1【10万以下】

マイニングに必要な最低限のシステムを作る

マイニングをいざ始めようと思っても、何から揃えたらいいか、何を買ったらいいかわからない場合、私が実際に利用しているシステムをもとにおすすめを紹介したいと思います。

ざっくりとGPU以外で必要なものは以下の通りです。

部品名 予算
CPU 5000~15000円
メインメモリー 5000~12000円
マザーボード 10000~20000円
リグフレーム 8000~14000円
電源 10000~25000円
ストレージ 1000~6000円
OS 3900~16000円
ライザーケーブル 7000円
その他 10000円

予算もざっくりとした数値で、10万以内に現状ではしていません。最終的に調整できればと思います。

CPU

CPUは、用途により選ぶ必要がありますが、取り急ぎ低価格で抑えるならCeleronかPentiumが良いかと思います。

CPUマイニングをする場合は、その予算と収益性を加味する必要があります。CPUマイニングはその低電力性が魅力的で消費電力に対する収益性が良い物を選ぶとよいでしょう。

部品名 おおよその価格 備考
Intel Celeron G3930 3900円 第七世代 最安値
Intel Pentium G4560 6100円 第七世代 性能値段のバランス〇
Intel Corei3 8100 13500円 第八世代 性能値段のバランス◎ マザーボード制限有
AMD Ryzen 5 1600 18000円 AMD 内臓GPU無 Cryptnight系が得意
スポンサードサーチ

メインメモリー

メインメモリーは4GB程度で問題ありません。スピードも対応マザーボードに合わせればよいかと思います。また、メモリーは特に価格変動が多いので以下の価格についても参考程度におねがいします。

部品名 おおよその価格
DDR4 PC4-19200 4GB 5500円
DDR4 PC4-19200 8GB 10000円

マザーボード

マザーボードは第一にマイニング用の設定ができるタイプかの確認、次に搭載したいGPUの数、そして対応CPUやメインメモリーへの確認ができればよいと思います。

IntelのCPUを使用して3台以上のCPUを利用するのであれば、AsrockのH110で十分かと思います。もっと低価格であればBiostarのTB250あたりでしょうか。

部品名 おおよその価格
ASRock Intel  H110 PRO BTC+ 12000円
BIOSTAR Intel TB250-BTC 10500円
BIOSTAR AMD TB350-BTC 10500円

上記のIntelCPU対応のものはLGA1150ではありますが、第八世代のCPUには投稿日現在は基本非対応なので気をつけてください。第6,7世代のものを利用しましょう。BIOSTARの上記の2機種は合計で6台まで対応しています、8台GPUを載せる場合は別のマザーボードになります。

続きは次回へ

続きは、次回投稿させていただきます。

マイニングを試してみたいけどシステムはどうやって組むのかわからない場合は一読いただければと思います。

【シンプル】マイニングシステムの作り方2018年5月版その2【10万以下】

2018.06.06