【対策】マイニングの火災・雷リスクについて【環境改善・保険】

マイニングの火災・雷リスクをどうやって減らすかの話

マイニングはその電気の消費量や熱、ほこりの対策など環境整備も大切ですが、どうしても熱からの火災リスクも考えられます。

しかし、どんなにクリーンルームであっても電気を使っている機械の以上ほこりがなかったとしても燃えるリスクはあります。

ではどうする?

不動産と同じで火災・家財保険等に入る

私はちょっと種類は違うんですが類似している保険に入ってます。

保険の勧誘するわけではないですが、不動産投資にせよマイニングにせよ原資回収に時間がかかるもについては保険をうまく運用する方法も大事です。

ちなみに全額損金扱いで経費にしています。参考ですが見積もってもらった時の資料が以下です。

随時専門家に相談を

保険や税務に関しては随時専門家に見積もりや相談をしてください、今回提示するものも、投稿日現在のもので保険や税務は期限付きの特例や法令がちょくちょく変更されます。「以前こうだったけど今どうなってるの?」と、私は口癖のように聞いたりしています。

保険っていざというときどうせ使えないんでしょう?

契約時に仮定でもいいので、「こういう時はどうなんですか?」と聞きましょう。

例えば、私が聞いたときは(投稿日現在)家庭の家財保険の場合

  • 子供が誤ってPS4壊した 〇
  • 携帯電話を落として壊した ×
  • PSvitaをおとして壊した ×
  • PS4が燃えた 〇
  • Nintendo switch 燃えた ?
  • ノートパソコン ×
  • デスクトップパソコン 〇 等

モバイルできる機器は一般的に家財保険の対象にはならないみたいですね。Switchどうなんだ?って聞いたら困ってましたが、、また、誤って壊したという定義はおそらく大人はダメなんでしょうかね。

という感じに聞いたらいいと思います。(あくまで一例なので読んでいただいた現在そうであるかは確認が必要です)

保険が使えるか使えないかは、とにかく見積もり時に聞いてみるのが大切です。大事なのは、

  • マイニングの電源やGPUからの出火で燃えた場合(大事)
  • 家やマンションの配電や配線のトラブルで被害が出た場合(意外についてない)
  • 雷の影響で壊れた場合(大事)
  • 床上浸水で壊れた場合 等

このくらいでしょうか。

スポンサードサーチ

雷にも対応している

夏は、ゲリラ豪雨に雷雨と雷の被害も考えられます。

サージ用のコンセントで防ぐのももちろんなんですが、保険でも対応してるのでダブルで対応しています。

自分のリソースをあまり使わないために、保険を使う。

究極の副収入、不労収益は何も気にせずお金が入ることだと思います。

自分のリソースをつかっていては、不労とは言えません、最小限のリソースで行うべきと考えます。

そんな時「火災が心配だ」と考えていてはそれは精神的にもよくありません。不動産運用でいうとローン30年であればずっと付きまといます。

それを軽減するために利用する保険と考えてもらえればと思います。

保険の勧誘ではないです

ごめんなさい、ここまで保険を推すつもりではないです。

不動産経営する以上、保険との付き合いが多く利用してるにすぎません。

ただ「マイニングは火災が」という心配をするくらいなら保険を利用したらいいんじゃないかなと思い記事にさせてもらいました。

なにか過不足やご不明な点等ございましたら、問い合わせもしくはTwitterでDMいただければ幸いです。