取引所のウォレットだけで大丈夫か?自己防衛のための仮想通貨のウォレット(QT)の作り方

仮想通貨をするにせよ、その通貨を入れておく財布(ウォレット)が必要、自分の財布は自分で守る

「ウォレットは仮想通貨取引所のを使えばいいのでは?」

と思う方もいると思います。

もちろん、仮想通貨取引所のウォレットはすぐに取引に使え便利です。その分ここ最近問題にもなっている仮想通貨流出事故などの影響を受けやすいです。

では、どうやって防止したらいいか、自分のウォレットを作ることです。

  • Linuxウォレット
  • Windowsウォレット
  • MACウォレット
  • Androidウォレット
  • iOSウォレット
  • ハードウェアウォレット

上から順番に、その仮想通貨のオフィシャルサイトで配布されていくことが多いです。むしろiOSのウォレットが出てるのであれば、「その通貨すごくやる気あるじゃん!」とさえ思えます。

今回は、とてもメジャーなウォレットQT_Walletを作る

以前当サイトではイーサリアムウォレットを例に作成しましたが、多くの草コイン等はQT_Walletが多いです。

もともとの仮想通貨のソースコードを流用してつくっているので多少のデザインの変化はありますが、UIや機能はほぼ同じなので、QT_Walletの作り方さえ分かっていれば多くの通貨で利用できます。

また、QT_Walletとは、仮想通貨「QT」というものではなく、ウォレットの形式みたいなイメージでとらえておくといいです。

まず、オフィシャルサイトを確認する

作りたいウォレットのオフィシャルサイトでウォレットは配布されます。

例えば、Gincoinというもであれば、オフィシャルサイトにいくとROADMAPなどとともに、たいていWallet表示があります。

選択するとダウンロードできますので、ダウンロードします。

以下のような実行ファイルを実行します。

セキュリティやファイアウォールで注意がでるかもしれません。

これはもはや、オフィシャルを信用するしかないのですが、自身で問題なければ許可しましょう。

起動後、ブロックチェーンの同期を待つ

ここで、数時間待たされることがあります。ブロックチェーンの同期が終わらないと送金はできません。

また、オフィシャルサイトで直近までのブロックチェーンのデータがあるところもあります。その時は、そのデータをウォレットにインポートすることで現時点までの同期が早くなります。

ただ、マイニングなどでさっそく入金アドレスを使用したい!と思うこともあります。上記のHideボタンを押し、一旦同期画面を画します。

スポンサードサーチ

入金用アドレスを確認する

上部のメニューから、ファイルを選択し、受け取り用アドレス一覧を選択します。

トップページの「受信」ではないので気を付けましょう。

そうすると、デフォルトで1つ入金用アドレスが作成されてます。

このアドレスが入金用アドレスになります。

送金する方法

前提としてブロックチェーンの同期が行われていることが必要です。

初めに、トップページから、「送る」を選択します。

次に、ラベルとアドレスを入力します。

ラベルはその送金のタイトル的な位置づけで「送り先」を書いておくくらいで大丈夫です。

アドレスは送り先の入金用アドレスです、間違えると戻ってきませんので確実に入力しましょう。

また、最初はためしに少額で送金してみるのもいいです。

ウォレットの暗号をする

これが一番大事です。しかし、パスワードを失念した場合、だれもサポートしてくれません。確実にパスワードを覚えておく必要があります。

まず、上部メニューから、設定、ウォレットの暗号化を選びます。

そして、パスワードを入力して完了です。

最後に

今回は、GinCoinのウォレットをベースに説明しましたが、多くがこのウォレットと同じ形式です。この形式をQT_Walletと呼んでいます。

国内、国外問わず多くの仮想通貨取引所ができてきています。ウォレットの管理を仮想通貨取引所にまかせるの、自身で管理するのどちらがいいでしょうか。

多額の通貨を保有しホールドする場合は、自身のウォレットが安全かと思います。(パスワード忘れはどうにもできませんが・・)

また質問等あれば、問い合わせやTwitterでご連絡いただければ幸いです。