LinuxでNiceHashを利用する方法【安定感xNicehash】

Linux系でもNicehashの祭りに参加しよう!

Windowsを利用する際に、Nicehashやawesomeマイナーなど、プロフィット機能が利用できるのがメリットになります。

しかし、Linux系のシステムの安定感と合わせて利用できないかと考える方もいるでしょう。

また、NicehashでもWhattomineの上位にくることもしばしばありますので、いざマイニングしたいという時のため、利用できるようにしたほうがいいかもしれません。

ここでは、ethosベースでNicehashを利用していこうと思います。

プロフィット機能とは

現時点での最大効率を追及できる機能です。

設定している中で最もマイニング報酬が高い仮想通貨を選び実行します。

しかし、このプロフィット機能を今回は利用できません。linux系を利用してマイニングしている人であれば日常的なことかもしれませんが、「現状掘る通貨は自分で決める!」というスタンスでマイニングしているのかなと思うからです。

NiceHashのプールを利用する

今回Nicehashを利用するというのは、Nicehashのプールを利用してマイニングするということです。

Nicehashで報酬が高いアルゴリズムを選択し、そのアルゴリズムのプールを掘ることになります。

アルゴリズム「Lyra2REv2」を例にマイニング

Monacoinでも同じみなライラ2ですが、これを例にマイニングしてみます。必要なのは

  • 自分管理しているBTCアドレス、もしくはNicehashの自分のアカウント内のBTCアドレス
  • Lyra2REv2対応のマイナーソフト
  • プールアドレス

以上です。

BTCアドレスを用意する

Nicehashは掘った報酬をBTCで支給しますのでBTCアドレスが必要になります。

注意するのは、

  • Nicehashのアカウントを作成した際にもらえる内部BTCアドレス
  • Nicehash外で利用している外部BTCアドレス

以上の2つはどちらでも指定したら報酬を得られますが、手数料や報酬の得られる時期が異なります。

少額・小規模であればとりあえずNicehashアカウントを作成し内部BTCアドレスを利用しておいたほうが良いかと思います。

なお、手数料や報酬時期についての詳細は下記アドレスをご覧ください。

Fees - Service on NiceHash
Service fees for buying hashing powerType of serviceFeeNon-refundable new order fee0.0001 BTCAmount spent on orders for buying hashing power(unspent amount o...
スポンサードサーチ

Lyra2REv2対応のマイナーソフト

これは、使用しているGPUのメーカーによっても異なりますので、ご自身で最適なものを探し利用したほうがいいと思います。

プールアドレス

プールアドレスについては、今回はNicehashのLyra2REv2プールを指定します

日本のLyra2REv2プールは上記のアドレスになります。

詳細は以下のアドレスで調べることができます。

Which Stratum servers are available? - Mining on NiceHash
Europe - AmsterdamScryptstratum+tcp://scrypt.eu.nicehash.com:3333SHA256stratum+tcp://sha256.eu.nicehash.com:3334ScryptNfstratum+tcp://scryptnf.eu.nicehash.co...

マイナーの設定をしてスタートする

ccminerを利用した設定例としては、以下のようなイメージです

以上のテキストをstart_nicehash_lyra2rev2.shなどの名前として保存し実行します。(マイナーソフトと同じ階層に入れてください)

マイニングの状況を確認する

Nicehashのマイニングの状況は以下のようなアドレスを入力すると、ブラウザ上で確認できます。

最後に

プロフィット機能さえ使えませんが、盛り上がっているアルゴリズムさえ見つければ、Linux系でも十分利用できます。

WhattomineでもNicehashが上位に来ることもしばしばありますので、方法として一応おさえておいたほうがいいかもしれません。