Radeon RX Vega 56,64 でマイニングする方法1

Vega 56,64でCryptoNight系のアルゴリズムのマイニングをする

今回は、vegaシリーズでのマイニング方法を説明していきます。

しかし、私自身の3月までの情報であり、最新の設定方法については自身でお調べいただければと思います。なぜなら私は以前10台以上のvegaを運用していましたが、すでに売却済みであり現状はvegaシリーズを用いてマイニングしておりません。

昨年11月よりは1台1日10ドル近い収益を上げていました伝説の名機といっていいでしょう。しかしそれを実現するのに大変な苦労(お金ではない)がありましたのでその辺も踏まえてお伝えできればと思います。

現在はCryptonight系はハードフォークしており新しいv7やHeavyなど多くの兄弟がいますので特化したvegaはうまくはまれば、良い収益を望めるかもしれません。(私も買い戻そうかな・・)

Vegaでマイニングをする心構え

  • よく落ちる
  • 台数増やすと起動しなくなった
  • 当時はWindowsの環境でないとvega運用できず、WindowsUpdateとも戦うことになる
  • インターネットで良いとされている設定が自分のでもうまくいくと思ってはいけない
  • 3台でうまくいっていたのに、4台以上になるととたんに上手くいかなくなる
  • 突然ドライバが更新されており、戻さないといけないことがある
  • 廃熱がとてつもなく、ドライヤーのような熱風が出る(リファレンスモデル)
  • 消費電力が高い
  • ゲーム機としての性能なら当時はそこまでよくない
  • メモリーが小さいと落ちることがある
  • GeForceなどと一緒に運用しないほうがいい
  • Ryzen+VegaでCryptonightヒャッホーって思ってはいけない、できればIntelCPUが良い
  • 起動時の初期設定が面倒、(自動化出来るし、bat化もできるけど面倒)な上、よく落ちる

思い出せばいろいろありましたが、あの収益性の前には頑張ることができました。正直心が折れたのは冬の時代を迎える前の3月で、ほぼ買値で売却できたのですべて手放しました。

Vegaをマイニング機に入れる

正直、vegaは2,3台で行うのが一番気軽に安定動作するきがします。

3台では動いていたのに、4台にしたら動かなくなった、5台にしたら認識せず起動しなくなった、こんなことが起こることが前提と思ってください。

初めてならば、1~3台で認識させ動かし始めるのがいいかと思います。

また、一応1台に対して、250wくらい使う可能性があるので、電源も余裕を持っておいたほうがいいです。また、リファレンスモデルであれば補助電源が8pin x2 オリファンの一部は 8pin x3というのもあり電源選びが大変です。

電源は、玄人志向のPLATINUM取得のが安いので以下のものでケース運用で2台とかもやっていました。

玄人志向 | KRPW-PT700W/92+ REV2.0:80PLUS PLATINUM取得 ATX電源 700W
玄人志向「KRPW-PT700W/92+ REV2.0」の製品情報。80PLUS PLATINUM認証 700W電源DC-DC変換基板を搭載し効率と安定性が向上

オープンリグでは、Rm-1000x当たりも利用していました。

補助電源の数も大事なので、最初は1,2台でも最終的に何台にするのかというところまで考えて電源やリグ構成も決めておくといいかと思います。

スポンサードサーチ

ブロックチェーン用ドライバを入れる

これは、最新のものであれば必要ないかもしれませんが、以下からブロックチェーンドライバを入手してインストールします。

これも途中でインストールがなぜか止まるということもあります。インストールしたはずが最新版になっていることもあります。

怪しいなと思ったら、DDUを利用して、完全に以前のドライバを削除してから、インストールしなおしましょう。

よくブロックチェーンドライバは入れなおすので、専用のUSB等を作り、DDUとドライバをファイルとして入れておくと楽です。

DDUは以下のページからダウンロードできます。

Display Driver Uninstaller (DDU)
Here you can Download the Offical Display Driver Uninstaller DDU.

マイナーソフトを手に入れる

当時はCastxmr一択でしたが、今は他のソフトでもパフォーマンスが出るようになったかもしれません。

何も設定せず、通常のマイナーソフトで動作させると1台当たり1200H/s程度しかでません。本来のパフォーマンスは1500~2100H/sは出ると思いますので1200程度しかでなかったらうまくセッティングできてないと思ったほうがいいです。

ソフトの説明と入手は以下から行えます、Bitcointalkと本家と二つ載せておきます。

[Cast XMR] high speed XMR/CryptoNight miner for RX Vega GPUs (2 KHash/s)
high speed XMR/CryptoNight miner for RX Vega GPUs (2 KHash/s)
Ride the lightning
Monero XMR mining, fastest monero miner for mining with AMD Radeon GPUs

本家には丁寧によい設定数値などがのっています、しかし、同じ数値にして動くかというとそうではないこともあるので、気を付けておいてください。

次回

今回はこの辺までにさせていただきます。次回から実際に数値を決めてセッティングしマイニングできればと思います。