Chromeリモートデスクトップの使い方

簡単にリモート環境を整える

今回はGoogleが提供しているChromeリモートデスクトップの利用方法を記載いたします。

操作される側、する側共通行うこと

  • Googleアカウントの用意(共通で1つ)
  • 各パソコンへのChromeのインストール
  • 各パソコンへのChromeリモートデスクトップの追加・設定

Googleアカウントは持っていることを前提で進めさせていただきます。

まず、ブラウザの拡張機能の一つでもあるので、まずブラウザであるChromeをインストールします。

パソコン版 Chrome
Google Chrome は、最新のウェブ環境に対応した高速で安全な無料のウェブブラウザです。パソコンでぜひご利用ください。

インストールが終えたら、次にChrome リモートデスクトップをインストールします。

Chrome リモート デスクトップ
このパソコンから他のパソコンに、または他のパソコンからこのパソコンに、インターネットを経由して安全にアクセスできるようになります。

 

上記サイトにアクセスして、Chromeに追加ボタンを押してください。

さらに、アプリ追加ボタンを押します。

 

補足

この時、Chromeブラウザ自身のGoogleアカウントでログインしてい置く必要があります。

あらかじめログインできてない場合は上記のように、ログインを求められますのでログインします。

その際に場合によっては、スマートフォンによる2段階承認など要求される場合もあります。

 

上記のように、Chromeリモートデスクトップのアイコンが追加されますので選択します。

そうしますと、上記のようなウィンドウがでてきます。

マイコンピューターの方の「利用を開始」ボタンを押します。

やっておくと便利

Chromeリモートデスクトップの起動はどこからしたらいいか?

というときは、タスクバーのアイコンを右クリックして「タスクバーにピン留めする」を選択しておくと

いつでもタスクバーから起動できますので便利です。

ここまでが、操作する側、される側の共通して行っておくことです。

 

操作される側が行っておくこと

ここまでの話で、Chrome リモートデスクトップが起動できるところまではできたかと思います。

操作される側にとって必要なことは、リモートされるための準備が必要です。

起動したら上記のように、接続先が表示されますが、最初は一番下のものしかないかと思います。

ここで「リモート接続を有効にする」というボタンを押します。

そうすると、ホストインストーラのインストール、ダウンロードのポップがでますので上記のようにダウンロードしましょう。

ダウンロードができましたら、インストーラーを起動して手順に従いインストールします。

インストールが完了すると、上記のメッセージがでますのでOKボタンを押します。

次に、Pinナンバーを決めます。このナンバーはリモートする側のときに使用しますので忘れないようにしましょう。

入力が終われば接続が有効になります。

スポンサードサーチ

リモートする側が行うこと

共通で行うところの話で、Chrome リモートデスクトップが起動できるところまではできたかと思います。

上記の画面で接続したいホストをダブルクリックします。

そうするとpinナンバーを求められるので、先ほど設定したpinナンバーを入力します。

毎回入力が大変な場合は、そのパソコンを登録するという意味で、下のチェックボックスにチェック入れておくといいです。

接続完了!

さらに、複数のパソコンへ接続したい場合は左上のメニューから

「新しいウィンドウ」を開くことで複数個開くことができます。

 

まとめ

  • 操作される側、する側共通の設定をする
  • 操作される側のみの設定をする
  • 操作する側の設定をして接続をする

以上で利用できるようになると思います。快適リモートライフを!