電力会社を変更でマイニングの収益性を上げる1

目的

この記事はマイニングを始めたい、入門をやってみて規模を増やしたい、収益性を上げたい。という方に最適です。

また、電力契約の変更は少なくても、次の検針日まで(おおよそ1か月後になる可能性)もありますので早めに動いておいたほうがいいです。

電力会社を選ぶ理由

ずばり

  • マイニングの電気費用を安くして、月々の収益アップにつなげる
  • 家庭と同じ契約でマイニングするのであれば、アンペア値を検討する

マイニングするにあたって、電気は生命線です。24時間つかいますし、安くもありません。これがkwhあたり1円でも安ければかなり収支に影響してきます。

私は、東京電力管内で、最初は従量電灯Bの契約ですすめてました。料金形態は以下の通りです。(投稿日現在)

単位 料金(税込)
基本料金 10A 1契約 280円80銭
15A 421円20銭
20A 561円60銭
30A 842円40銭
40A 1,123円20銭
50A 1,404円00銭
60A 1,684円80銭
単位 料金(税込)
電力量料金 最初の120kWhまで(第1段階料金) 1kWh 19円52銭
120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金) 26円00銭
上記超過(第3段階料金) 30円02銭

基本的に家庭の電力と同系統であれば300kWhは超えてくると思うので、1kWh30円と考えておきましょう。

以上を基準にアンペア値、電力会社変更によるメリットを見ていきましょう。

スポンサードサーチ

アンペア値を考えよう

アンペア値とは、電線を流れる電流の量のようなものです。

電線に対応する以上の電流を通すと発熱、融解など破損の原因になります。家庭の電力契約はどうなっていますでしょうか?多くが30A(アンペア)~60A(アンペア)かと思います。

家具を表にして考えてみると

品名 おおよそ電力 利用時間 備考
電子レンジ 500~1000w 一時的
液晶テレビ 400w 一時的
冷蔵庫 400w 常時
パソコン 300w 一時的
扇風機 60w 一時的
ドライヤー 1000w 一時的
エアコン 200~1000w 常時
マイニング 500w~ 常時
ざっくりと家の環境では、こんな感じです。だいたい30Aあれば家の電力はまかなえると思います。
しかしマイニングについては、常時ある程度の電力を必要とするので、アンペア値を合わせて増やさないといけません。
また、増やすとしても、「子ブレーカーの制約」を守りながらマイニングの機械を設置する必要があります。

子ブレーカーの制約とマイニング機の基本設計

この制約は家の電気配置によって違うので、一概にお答えしかねるのですが、

配電盤をみると大抵右側に小さいブレーカーがあると思います。

この小さいブレーカーは1つで20Aつかうと基本的に落ちます。またその20Aに当てはまる区画は設計によって異なります。

そして、コンセント等主要配線のケーブルは一般的に15Aまでしか使えません。

よって、

  • 区画内で20A以内におさまるようにする
  • コンセント1つで15Aまでにしておく

以上を守る必要があります。

自然とパソコンの規模は限定されてきます。

  • 1500w以内の電源になるだろう。
  • 1080tiクラスのTDP200wを超えるGPUを6つのリグとかは電力上むずかしいかもしれない 等

本格的なマイニング機を作る前に大体の電力容量、GPUの数、GPUの規模がわかってくると思います。

例えば、私は

  • コンセント15Aなら、そこに2台くらい置きたい。
  • 700wクラスのを2台置こう
  • リグ面積をフル活用したいからGPUは6台
  • GPU6台でシステムも含めて700wならTDP100w前後で運用できるのがいい。
  • 1060 3GB又は1060 6GBや1070も混ぜてみようかな。
  • とりあえず、最初だし安いので1060 6GBを6台で動かしてみよう。

のような、想像ができるわけです。もちろん、1500wクラスの電源や750wの電源を2つつかって、80tiクラスを複数回すのもいいと思います。

私のリグについては随時リグ紹介を書いてありますのでご参考までにご覧ください。

迷ったら60A

これはもう、とりあえず最初は60Aに使用という感じです。オール電化などで最初から60Aの方もいるかもしれません。

正直一般家庭で60Aを超えていたら、もはや素人マイナーではないですw

料金体系

60Aに契約変更すると基本料金が上がります。ご理解の上利用しましょう。

長くなったので、新しい電力会社によってどのくらい節約できるのかは、次回の記事にさせていただきます。